アスリートへの支援

この21世紀は『傷害予防』の時代です。
怪我をしないようにどのように取組むことができるのかが問われています。
もう『スポーツ=怪我』は当然の時代ではありません。事前に怪我を起こしにくい身体作りとメンテナンスが大切です。

当院は、メディカルチェックとして数種類の基本動作により動作の特徴を捉え、本当は何が必要なのか評価し介入して
本人の本来の動きを取り戻し、怪我をしにくい身体作りのお手伝いをしています。

親御さまよりご了承を頂きましたので、その一例をご紹介します。

🌳サポート選手のご紹介

【年齢】中学2年生
【所属】軟式野球部
【怪我】右肘関節 剥離骨折
【目的】股関節・体幹の柔軟性及び筋力強化


当院のエクササイズは、道具はチューブやダンベルを使う程度ですので、ご自宅で行う課題は特別な道具は必要ありません。

本クライアント様は一切ストレッチ指導はせずに、自重のエクササイズ・チューブ・ダンベルのみのトレーニングのみを行っただけです。
”柔軟体操が必要なのか?”、”別の対応が必要なのか?”をしっかりと評価する専門的知識と見解が必要です。
当院は『評価-エクササイズ-指導-エクササイズ』と繰り返しながら効果を確認し指導させていただきます。


メディカル・チェック後に動作の反応を見ながらエクササイズを仮決定します。
また、その都度状況を評価してさらに適したエクササイズを絞り、3ヶ月をワンクールとしてサポートさせていただいています。
※効果は個人差があります。