アスリートへの支援(パーソナルトレーニング)

この21世紀は『傷害予防』の時代です。
このお言葉は院長が所属する早稲田大学鍼灸柔整稲門会 顧問 福林徹大先生のお言葉です。

怪我をしないようにどのように取組むことができるのかが問われています。
もう『スポーツ=怪我』は当然の時代ではありません。事前に怪我を起こしにくい身体作りとメンテナンスが大切です。

身体の事が科学的に分かってきた時代だからこそ、ただやるだけではなく
個々の身体の特徴と競技特性を考慮したトレーニングやエクササイズを行う事がこれからの新たなトレーニングの考え方です。

個々の身体の動きを評価して怪我をしにくい身体作りとパフォーマンスUPのお手伝いをしています。

当院のトレーニング施設の登録選手一覧


当院には前橋育英高校、高崎商大附属高校、高崎商業高校、花咲徳栄高校、利根商業高校、日本大学、桜美林大学の野球部の学生さん、高崎経済大附高校サッカー部の学生さん、ボーイズリーグ・中学野球の学生さんにご登録いただき、施設の利用と定期的なパーソナルトレーニングでパフォーマンスUPのため日々頑張っています‼︎

最近の先行研究ではしっかりとした管理下で小学生の高学年くらいからストレングストレーニングをしていると、していない人に対して成人期のパフォーマンスに大きく関係すると報告があることから、当方は個人の身体の使い方と成長段階、競技特性を考えてトレーニングメニューを考案させていただいています。